<< 体バランスをきれいに・・ | main | 入学&進級おめでとう >>

その先をイメージ・・・

0

     

    ピアノの曲想(その曲に相応しい表現)を作っていく時、どんな音で弾くか、予め設定をしておいてそれを音にします。

     

    例えば・・

    ♪お城の舞踏会、楽しく踊っている。(ダンスのリズム。ルンルン軽くはずむ感じ)

    ♪森の中、さまよっている。不安な気持ち。(短調による不安定感、緊迫感)

    ♪飛行機で、または鳥になって大空を飛ぶ。下は広大な大地。(スケールの大きな演奏。長いフレーズ感)

     いきなり空飛んでって言われてもねぇ・・・^^;

     

    映像で頭の中にイメージ出来ると分かりやすいかな、と思います。

    大きい子の場合は、「優しい音で」とか「緊迫感のある音で」とか言葉だけで伝えることも多いですが・・。

     

     

    まず頭の中に「こういう音で」というイメージがないとそれが出てきません。

    何も考えないで弾くと、“何も考えないていない音”がでます(^-^;)

     

    先生(私)に「今、何も考えていなかったでしょ〜〜」と言われ、 (゚Д゚;)  ←と固まる生徒さんもよくある光景。。

     

    コンクールやステップの審査員を務められるような立派な先生方も、「イメージしてから音を出してください」と時々おっしゃられます。

     

    その音を弾く『前』にイメージ出来ないと、そうならないんですね、絶対に。。

     

    でもこれって何でも言えることかな・・と、ふと結びつきました。

    “将来○○になりたい!”って思わないと、その職業になれないですね

     

    (ちなみに私は、小学校の卒業文集の「将来の夢」に“ピアノの先生”と書きました。そして叶った!)

     

    また、7年前頃、“絶対スタジオを作る!”と決めました。白い壁、濃いフローリングのスタジオ、アイアン手すりの階段、スタジオと玄関スペースの間のガラス窓・・・等々、思い返してみると、頭の中で全てイメージ出来ていました。

    はい、想像力だけは豊かです(笑)

     

    貯金も援助もない私が、実現出来たんですから・・イメージの力ってすごいな!と思います。

     

    まだ、自分にとって叶わないこと、上手くいかないこと、もちろんありますが、『イメージ』が足りないのかな〜!?

     

     

    posted by: Junko | 不思議・引き寄せ | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
     









    トラックバック
     
    http://cocoronstudio.jugem.jp/trackback/339